新しく家電を買いました!

 買いました!新しい家電たち!バルミューダ、Nobbyのヘアドライヤーです。バルミューダはいつか買いたいと思っていましたので主人がとても欲しいということでやっと気持ちを決めて買うことができました。最高です。びっくりするほどパンが美味しいです。こんなにすごいスペックのトースターがこの世にあるとは本当に感動です。少量のお水を入れることでパンを蒸し焼きすることができます。色はかっこいい黒にしました。注文からすぐには届かず結構待ちました。やっと待ちに待った日に届きその日のうちにクロワッサンを焼いて食べました。感動の一言です。もう浮気しません。一択です。

 そしてNobbyのヘアドライヤーはアマゾンから購入しました。さすがアマゾン様様で定価より安く購入できました。こちらも髪の毛がつやつやでびっくりです。

今私新しい家電に囲まれて本当に幸せです。ファリネ

心をキレイにすると体もキレイに

私が実際に心掛けている健康法の一つとして、 ストレスを溜めず自分の好きなことやりたいことをやって 心のケアをしてあげる事です。SNS等のコミュニケーションツールが発達した現在は、時間や場所を問わずして連絡がくるものです。中には自分の為に使いたい時間を断り切れずにコミュニケーションに時間を割いてしまうと言うケースもあります。

ストレスが溜まれば、様々な身体の不調に繋がって行きます。睡眠が十分に取れていなければ、お肌のダメージを引き起こします。結果的にストレスが一番健康や美容の天敵なので、そのストレスを解消させてあげることが健康への第一歩となると思います。

一時期コミュニケーションに疲れ、ストレスが溜まりに溜まって健康も害していた私は、自分の心の中の声に忠実に行動するようにしてみた事がきっかけで、大好きな音楽に没頭したり、プールでのんびり泳いだり自分が何にも干渉されずにひたすら解放出来る状態を作りました。一ヶ月もしないうちに体調は良くなり、コミュニケーションは大切だけど、ある程度自分の時間を作って心のケアをしてあげないと、健康も美容も失ってしまうのだと思いました。

心と体は繋がっていてダイレクトに影響し合うので、健康も美容も心をキレイにすることから始めると良いですね(^^)サラフェ 顔汗

美肌の秘訣

私は、とても肌が弱いです。

夏は、いつも以上にケアをしないと日焼けで赤くなったり、そのせいで顔が痒くなったりじんましんがおきることもあります。

そのせいか、母は私が子供の頃から「スキンケアはきちんとしておきなさい」と言って顔を洗ったあとは、化粧水と乳液を塗られて嫌だったものです。(子どもからするとベタついて気持ち悪いですからね)

そんな私が毎年行っているスキンケアはこんな感じです。

�@まず顔を洗います。その際は洗顔フォーム(マイクロプラスチックなどが入ってないものを使用致します。)を泡が出来るまで手でなじませて作ってから、洗います。

ゴシゴシと洗いますと、肌が荒れてしまいますので、優しく泡で包み込むように洗います。

�A化粧水をつけます。コットンに含ませてやさしくなじませます。

�B乳液をつけます。

�CUVの日焼け止めを使います。多く塗ります。首や鼻の頭やおでこには多く塗ります。

�Dファンデーションをはたきます。私は薄化粧なので、濃くははたきません。ですが、日焼け止めを使用しているので、そこまではたかなくても、そこそこ白く見えると思います。

�E家に帰ったら、�@〜�Bをします。入浴後も�@〜�Bをします。

�F就寝前はパックをしてよく保湿しておきます。

�G夜は22時には寝ます。22時から深夜2時は美肌の時間ですので。

このようなスキンケアをしていれば、まず、夏はのりきれます。クリアネイルショット爪水虫ケアジェル【全額返金保証】お得通販情報

目の下のクマの悩み。

もう鏡を見るのが正直憂うつです。

40代を迎えた頃から、目の下のクマとくすみが気になるようになりました。

メイクをしていてもうっすら目立つので、人と目を合わせる時も意識してしまいます。

どうにか頑張って、クマのない明るい素顔に戻りたいです。

目の下にクマやくすみがあると、年齢以上に老けて見られたり、疲れているように見られたり、寝不足に見られたりと、マイナスなイメージが多くて、人に見られた時の印象を常に気にしてしまうようになりました。

目の下のクマのことを調べてみたら、クマには3種類あるようです。

血行不良などからくる「青クマ」。

色素沈着などからくる「茶クマ」。

肌のたるみなどからくる「黒クマ」。

その中でも私は茶クマのようです。

若い頃に大好きだったアイメイクですが、このことが影響しているのかなと今では思います。

毎日お気に入りのアイテムを使ってメイクをすることが楽しかった時の反省点は、メイクをしっかりおとしていなかったことです。

アイメイクをしっかりおとしきれていないのに、少しだからとそのままにしていたり、しっかりおとそうとして目の周りをゴシゴシしていたことがダメですね。

目の周りの皮膚はすごく柔らかくてデリケートです。

それなのにゴシゴシすることでおとさなければいけないメイクを目の周りに広げていましたし、強く力を入れすぎて負担をかけていました。

まだ遅くはないはずです。

正しいスキンケアを行って、お肌のターンオーバーを正常化し、少しでも明るいお肌を目指したいです。ミスココ